姓名判断と性別による違い|手軽にできる!ネットの夢占いもかなり凄い!

手軽にできる!ネットの夢占いもかなり凄い!

姓名判断と性別による違い

本とロウソク

名前で運命を占う姓名判断の歴史はとても古く、遡れば古代中国にまで行き着きます。その為、姓名判断は占いの中でも長い歴史で培った統計学的な性質が強く、スピリチュアリズム的なものが苦手な方でも受け入れやすい占いです。また、儒教の影響の強いアジア圏においては特に男の子の名前が重要視されてきた歴史があります。しかし歴史の移り変わりによって価値観も変化しており、以前は男の子には良くないと避けられていた名前が付けられるケースも増えて来ました。例えば昔は男の子には積極性や力強さが尊ばれていましたが、現在では優しさや穏やかな芯の強さが望まれる事も少なくないのです。そういう需要に合わせて姓名判断も日々進化しています。

姓名判断は流派がとても多く、元祖である正統派の中国式やそこから発展した台湾、香港式のものもあります。日本式の姓名判断も中国式のものから発展したものですが、日本人の価値観や需要に最適化したものなので、日本人に最も合う姓名判断です。勿論、日本式の姓名判断の中にも流派が存在し、例えば漢字の画数を数える場合、そのままの漢字を使うものや旧字に戻すものなど占い方法が異なる事がありますが、重要視されているものなど大まかな性質は殆ど変わりません。ただし、男の子に名前をつけるか女の子に名前をつけるかによって吉数と凶数が変わることはあります。流派によっては性別によって何を凶とし、吉とするのかで違いが出るのです。男の子には大吉数でも女の子にとっては強すぎるので凶数といわれる画数もあります。その為、子供の名前を付ける際には自分の価値観や子供の将来の事を考えて姓名判断を選ぶと失敗しません。子供の名付けに姓名判断を利用する時は下調べしてから利用するか、複数の姓名判断をしてもらってから名付けることをお勧めします。